カスタムのきっかけ



 

      購入から約2年間はマフラーやハンドル、ミラーの変更、シートを加工調整したりなど、
      比較的軽めのカスタムをしながらRXを自分の物にしつつ楽しんでました。
 
      ところが、いつまでたっても違和感があったのは、
      フロントフォークについてる「AVDS」システム。
      走行性能を向上させるためのアンチダイビング機構なのです。

      前車がゼファーということもあり、かなりの違和感を感じていて、
      特にブレーキ時にフォークが突っ張る感じがあり、馴染めませんでした。


      そしてちょうどその頃、カワサキからニューモデル「GPZ1100」が発売されると聞き、
      「試乗して良かったら乗り換えよう」と思い、ワクワクしながら発売開始を待っていました。
      勿論それを待ってる間は、しっかり貯金してその時の準備をしていました。
 


 

      やがて販売開始になり、バイク屋さん主催のツーリングで箱根往復の試乗ができました。

      試乗した印象はスムーズで静か・乗りやすく至極快適でしたが、やはり「何かが足りない」と。

      結局自分の期待を裏切る印象だったGPZ1100を購入する気持ちも萎えて、それならば、
      「RXに近代的な足廻りを移植して乗り続けたほうがもっと面白いよな〜」という気持ちがドンドン大きくなり、
      ついに1995年春位から、本格的なカスタムへ足を踏み入れました。

      その後、エンジンチューンや2度目の足回り換装を行いカスタムの泥沼へハマります。
      またこの時にRXに乗り続ける決断をした事が、後々の鯨会発足のきっかけにもなりました。
 


Copyright (C) 2002-2018 Eiji "OYAKATA" Sakamoto All Rights Reserved