待望のバイク用ETC



      ようやくと言うか、やっと待望の2輪用ETCを装着できる機会に恵まれました。
      2005年秋より実施するモニターを募集するということで、早速応募し見事当選!

      途中いくつもの手続きを経て、ようやく自分のRXにもETCを装着できました。


      写真の右側に見える白い物体が『ETC』のアンテナとインジケーターです。
      ETCは確かに便利ですが、ここまで大きすぎるとはっきり言って非常に邪魔です。

      ところが前頁のように、ハンドルの切れ角が異常に小さいのがかえって幸いして、
      フルステアしてもETCがどこかに接触するということはありませんでした。

      ETC本体はモニター機ゆえこれもかなりの大きさで、RXでは非常に困りました。
      リアシートを取り外し、シートカウルを装着してその中に収めています。



リザーブタンクとの兼ね合いでかなり手前に来てますが、
頭の位置が近すぎてインジケーターがとっても見難いです。
取り付けステー(RAMマウント)は自分で用意しました。
ステー自体はマスターと共締めで、別途リザーブタンク用に
ミラーホルダーを使って全体を取り付けました。


      こんな無骨な装置ではありますが、料金所を通過するときは快感です。
      特に雨が降った時のツーリングではその威力を発揮します。おまけに割引もあって助かります。
      もうETC無しで高速道路を走るのが馬鹿らしくなってしまうほどです。

      今ではもっと小型の装置が市販されてますが、モニター機が壊れたらその時に考えましょう。

 


   追記0908
 
   

 

ETC用の電源引き出しの写真です。
といっても写真じゃわからないですね。

リアブレーキスイッチに行く+側の配線を分岐し、
ETC付属のヒューズを通して本体に供給しています。
(左側の二股のギボシ端子で分岐)


Copyright (C) 2002-2018 Eiji "OYAKATA" Sakamoto All Rights Reserved