ラジアルマスター 装着



     以前トップブリッジを破壊して、ハンドル切れ角が極端に小さくなってしまった我がRX。
     暫定のつもりだったのに、ETC取り付けの都合などもあったので、思いのほか長くそのままの状態でした。

     しかしハンドルの切れ角が少ないのは、運転に支障(特に市街地の路地など)が出たり、
     ハンドルロックができなかったりと不安な要素がありましたし、セパハンだと腰に負担が来るお年頃ので、
     やはりアップハンに戻したいと一念奮起して、またまたステムの交換をします。(何度目だろう・・・)

     そしてどうせバラすならと、ついでにラジアルマスター装着を計画したのですが、
     これはこれで大変な事になってしまいました・・・。



           新たにZZR1100Cの三つ又を用意し、ステムを打ち替えて使用します。
           トップブリッジはアントライオンを使ってアップハンドル仕様にします。
           この辺りは何度も繰り返してるので手馴れた作業です。

           そして、さらにブラッシュアップしようと、ラジアルポンプの導入を決めました!
           どうせやるならと、ブレーキとクラッチ両方を交換しちゃいます。

           しかしコトはそう簡単ではありませんでした。
           今までのスイッチボックスが使えず、ハンドル周りの部品を総取替するハメに・・・。


           ブレーキ側はデイトナニッシンのラジアルポンプです。
           写真では判りにくいですが、各部品やホース・ハーネスがかなりタイトになってるので、
           取付け角度や配置などは充分に時間を掛けて検討しましした。

           スイッチボックスはZX-12R、アクセルホルダーは250TR、ワイヤーはKLX250など、
           親方お得意の、神業的でハイブリッドな部品構成になっています。



           クラッチ側はZZR1400純正のラジアルポンプです。スイッチボックスも同じ車種からの移植です。

           このスイッチボックスにはチョークが無いので、トップブリッジにチョークノブを新設しました。


ハンドル周りで唯一新車当時のままだったグリップも、
いい加減にヤレているので今回は交換します。

部品はZRX1200用を流用します。
これはワイヤー巻き取り径がRX用よりやや大きく、
少〜しだけハイスロになります。



           カスタムついでに不具合も散見されましたので、これも一緒に修理しちゃいます。
 


           カスタムついでに不具合も散見されました。コレはウォータポンプからのオイル漏れです。
           本体には錆があるものの問題ないので清掃、900R用のオイルシールを使って修理しました。
            (作業に不慣れだと再び漏れるので、Assy交換の方が良いかもしれません。)

           ほかにもラジエータのコア修正と目詰まりしてる砂の除去と再塗装、
           燃料コックのOHなど、ついでの修理も盛りだくさんでした。



           こっちもついでの修理です。キャリパーピストンの動きが渋かったのでフルOHしました。
           ついでにステンレスピンと新品パッドを装着しました。

           ブレーキ配管は横置きマスターのような2本出しができなかったので、「h字型」に変更しました。


          リアは特に問題なかったので清掃して
          ステンレスピンを組み込みました。


  油温計が割れていましたが、内部は大丈夫そう。
  瞬間接着剤で補修し再使用します。

  ちなみに、キタコのCD50用の小型油温計です。



      さて、これで数年ぶりにパイプハンドル化したわけですが、やはり市街地では扱いやすくなりました。
      高速走行では純正とスクリーン形状が同じなので、飛ばすほど上半身に風があたりますが、
      通常の使用範囲であればほとんど気になるような事はありません。

      一方、今回初導入のラジポン。ブレーキ側の最初の印象は、「効かない!」というものでした。
      しかし、握れば握っただけしっかり効いてくれて、かえってコントロールしやすくなりました。

      クラッチ側はもっと軽く握れるかと思いましたが、多少軽くなった程度で劇的な変化は無し。
      それでも横置きに比べて握り始めの握力が少なくなったので、運転は楽になりました。

      他に交換した部分の動作も問題なく、しっかりと仕事をしてくれてます。
      特にラジエーターフィンの清掃は、水温が下がりエンジンの負担も軽減されたようです。

 


Copyright (C) 2002-2018 Eiji "OYAKATA" Sakamoto All Rights Reserved